どんな適性があればアテンダントナースになれるの?

看護師も旅を仕事にしませんか?

旅行気分を味わいながら働こう!

適性や必要なスキルは?

適性や必要なスキルは?

看護師の資格と臨床経験があればアテンダントナースとして働くことは十分に可能ですが、医師の指示や十分な医療機器がないなかで処置しなければならないため判断力や行動力も必要です。また、参加者の体調変化にすぐに気づくためにはコミュニケーションが大切です。高校生など会話が難しい年代もあるかもしれませんが、受け身の態勢でいるのではなく積極的に話しかけて交流するようにしましょう。アテンダントナースは求人数が少ない狭き門の職種ですが、旅程管理主任者や救急救命士などの資格があれば採用が有利になることもあります。

アテンダントナースに向いているタイプ

アテンダントナースに向いているタイプ

アテンダントナースは旅行が好きな看護師から高い人気を得ている職種ですが、ライフスタイルに合わせながらマイペースに働きたい人や常に新鮮な気持ちで働きたい人にも向いています。また、医師が同行しているわけでもなく医療機器も整っていないため、すべての責任がアテンダントナースにかかってきます。そのため、観察力やアセスメント力が大切になってくるわけですが、病院勤務では得られないスキルも身につけることができるので、スキルアップしたい人にもおすすめです。

もっと見る
アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」

アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」

看護師の資格があれば特別な資格がなくてもアテンダントナースとして働くことは可能です。しかし、医師の指示がないなか一人で判断を下さなければならないため、まったくの新人よりはそれなりに臨床経験があった方が働きやすいです。3年の臨床経験があれば緊急性の有無が判断できるでしょう。また、体調が重篤化しないよう些細な変化も見逃さないように観察することも大切ですが、そのためにはコミュニケーションをきちんと取っておく必要があります。

もっと見る
あると有利になる?!役に立つ資格とは?

あると有利になる?!役に立つ資格とは?

特別な資格がなくてもアテンダントナースとして十分にやっていけますが、求人の数が非常に少ないため高い倍率を勝ち抜かなければアテンダントナースとして働くことはできません。そこで、少しでも採用の確率を高めるために役に立つ資格として「旅程管理主任者」「救急救命士」「旅行医学会の認定資格」を紹介します。どの資格も、研修や実務経験があればすぐに取得できるものなので、アテンダントナースとして長く働きたいと考えているのであれば取得しておいた方がいいでしょう。

もっと見る

アテンダントナースに興味がある人へ

アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」
アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」

看護師の資格と臨床経験があればアテンダントナースとして十分働けますが、一人ですべて処置しなければならないため的確な判断力や行動力が必要です。また、些細な変化にもすぐに気づけるよう積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

求人の探し方とポイント
求人の探し方とポイント

アテンダントナースは一年中コンスタントに募集されているわけではないため、タイミングが重要になってくるわけですが、情報をタイムリーにアナウンスしてくれる転職エージェントを利用すれば求人を見逃してしまうこともありません。

まずは仕事内容をチェックしてみよう
まずは仕事内容をチェックしてみよう

旅行好きな看護師やライフスタイルに合わせて働きたい看護師にぜひおすすめしたいのが「アテンダントナース」という働き方です。旅行に同行して参加者の健康面をサポートしたり急変に対応したりするのが主な仕事です。