アテンダントナースの仕事内容

看護師も旅を仕事にしませんか?

旅行気分を味わいながら働こう!

まずは仕事内容をチェックしてみよう

まずは仕事内容をチェックしてみよう

「アテンダントナース」という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞いたことがない言葉なので、もしかしたら一部の看護師しか知らないかもしれません。旅行好きな看護師におすすめのアテンダントナースという働き方について詳しく見ていきましょう。

LINEで送る
Pocket

アテンダントナースってなに?

アテンダントナースとは、簡単に言えば「旅行に付き従う看護師」のことで、旅行中の健康面のサポートや急変の対応を行います。個人旅行やツアー旅行だけでなく中学校や高校の修学旅行やキャンプ、登山などが行われるときにアテンダントナースを伴っていることが多く、行き先も国内に限らず海外などさまざまです。
基本的にアテンダントナースの旅費は依頼先が負担し行き先や拘束時間に応じた日当が支給されますが、どちらかといえば海外旅行よりも国内旅行の方が需要が高いです。

具体的な仕事内容は?

アテンダントナースの具体的な仕事内容は「医療的な書類の作成」や「旅行カルテの作成」、「主治医からの指示書と旅行内容の照らし合わせ」、「薬の国際成分名調べ」「現地医療機関での説明」などです。

仕事の流れ

旅行がはじまる前にまずは参加者の健康状態や持病を把握しておかなければなりませんが、主治医から指示書やマニュアルを渡されている場合は書類にもきっちりと目を通しておく必要がありますが、急変に備えて医薬品などが入った救急箱の確認も忘れずに行いましょう。
旅行当日は参加者の体調管理に注意するのはもちろんですが、主催者や引率の先生と情報を共有したり雰囲気を壊さないようコミュニケーションに気を配ることも大切です。アテンダントナースの出番は移動中に多いように思われがちですが、だからといって宿泊先での仕事が楽になるわけではありません。引き続き参加者の状態に気を配らなければなりませんし、翌日の準備もしっかりと行わなければなりません。
ツアー終了後には業務報告書を作成・提出して、ようやく一連の業務が終了となるわけですが、主催者と反省会を行うこともあります。

急変の対応

もしツアー中に急に体調を崩したりケガをした場合に対応するのはアテンダントナースです。応急処置なのか病院に搬送した方がいいのか、状況を確認しながらその場で判断します。症状が重ければ旅行自体を中断、という判断を下さなければならない責任の重い仕事でもあります。

1回の勤務期間は?

アテンダントナースの勤務期間は旅行の内容によるためバラつきがありますが、大抵は3泊4日~4泊5日です。アルバイトやパートとして働くよりもさらに短い期間で働けるため、超短期で働きたい人や派遣の仕事を探している人おすすめです。

アテンダントナースに興味がある人へ

アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」
アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」

看護師の資格と臨床経験があればアテンダントナースとして十分働けますが、一人ですべて処置しなければならないため的確な判断力や行動力が必要です。また、些細な変化にもすぐに気づけるよう積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

求人の探し方とポイント
求人の探し方とポイント

アテンダントナースは一年中コンスタントに募集されているわけではないため、タイミングが重要になってくるわけですが、情報をタイムリーにアナウンスしてくれる転職エージェントを利用すれば求人を見逃してしまうこともありません。

まずは仕事内容をチェックしてみよう
まずは仕事内容をチェックしてみよう

旅行好きな看護師やライフスタイルに合わせて働きたい看護師にぜひおすすめしたいのが「アテンダントナース」という働き方です。旅行に同行して参加者の健康面をサポートしたり急変に対応したりするのが主な仕事です。