アテンダントナースの給与ってどれくらい?

看護師も旅を仕事にしませんか?

旅行気分を味わいながら働こう!

給与&勤務形態について

給与&勤務形態について

アテンダントナースの勤務期間は旅行日程に沿っているため2泊3日や3泊4日などの超短期が多いです。そのため、「転職先が決まるまで」や「フルで働くのは難しいけど短期ならできる」など、短期間勤務の仕事を探している人におすすめですが、給料や待遇はどうなっているのでしょうか。

LINEで送る
Pocket

アテンダントナース=単発アルバイト

短期間で働けるため自分の都合に合わせながら好きなときに働くことができると思われていますが、アテンダントナースの仕事は基本的に1回ごとです。春や秋の観光シーズンや旅行シーズンには需要がありますが、それ以外の季節はイベントがなければアテンダントナースの仕事はないため、一年中コンスタントに働きたいと考えている人には難しい働き方です。
また、もらえる金額もイベントごとに違うため、アテンダントナースは「稼ぐ仕事」ではなく「臨時収入の仕事」と割り切った方がいいでしょう。

アテンダントナースの給料は?

アテンダントナースの給料は「日当×旅行日数」で計算されています。修学旅行の日当の相場は小学校や高校など区別なく、大体1万2,000円くらいです。つまり、2泊3日なら3万6,000円、3泊4日なら4万8,000円、となります。もちろん、交通費や宿泊費は主催者側が支払うためアテンダントナースの持ち出しになることはありませんが、食費が含まれているかどうかはイベントごとに異なるため、あらかじめ確認しておいた方がいいかもしれません。
修学旅行に限らず個人旅行やツアー旅行など、アテンダントナースの仕事は他にもありますが、「仕事の困難さ」や「参加者の状態」によって日当が左右されてしまうため、はっきりと示せるような相場は厳密にはありません。
そのため、アテンダントナースの仕事を選ぶ際は日当1万2,000円の修学旅行を基準にして、「修学旅行よりも大変そうだけど金額が同じくらいの仕事だから今回はパス」、「日当は安いけどまだ行ったことがないから行ってみよう」、「日当が高い分、思い持病がある人が同行している」、など、仕事内容と日当を比べながらチェックするといいでしょう。

勤務時間は長い

基本的に看護師の勤務時間は大体8時間くらいですが、アテンダントナースは宿泊を伴っているため、早朝から深夜まで勤務時間が続いています。体調を崩した人がいれば24時間体制で経過を観察することもあるため、ある程度の体力が必要です。ですが、体調を崩した人がいない限り看護師としての出番はほとんどないため、ただ旅行に参加して楽しんだだけ、という場合もあります。
また、ツアーの規模や年齢層によっても勤務時間や忙しさは大きく異なります。

アテンダントナースに興味がある人へ

アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」
アテンダントナースとして働くために必要なのは「スキル」

看護師の資格と臨床経験があればアテンダントナースとして十分働けますが、一人ですべて処置しなければならないため的確な判断力や行動力が必要です。また、些細な変化にもすぐに気づけるよう積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

求人の探し方とポイント
求人の探し方とポイント

アテンダントナースは一年中コンスタントに募集されているわけではないため、タイミングが重要になってくるわけですが、情報をタイムリーにアナウンスしてくれる転職エージェントを利用すれば求人を見逃してしまうこともありません。

まずは仕事内容をチェックしてみよう
まずは仕事内容をチェックしてみよう

旅行好きな看護師やライフスタイルに合わせて働きたい看護師にぜひおすすめしたいのが「アテンダントナース」という働き方です。旅行に同行して参加者の健康面をサポートしたり急変に対応したりするのが主な仕事です。